2007年から急速に広まってきた電子マネー
コンビニエンスストア・公共交通機関をはじめ利便性が高まる昨今、目に見えない形でやりとりされるこれらの「新しいお金」に関する知識を消費者一人ひとりが身につける必要性が求められてきています。

当サイトは、ファイナンシャルプランナーSuicaまにあが、自己の知識更新の為、そして、皆様にも役に立てることを願い運営する電子マネー比較サイトです。



電子マネー決済額2兆円超す、クレジットカード50兆円

日本銀行が公表した「決済システムレポート2012-2013」によると、電子マネーの決済金額が2012年は2兆4671億円ということだ。
(2007年の5370億円から4.5倍に急拡大したということになります)

平均決済単価も上昇し急ピッチで市場が拡大している。

電子マネーは利用業態がコンビニからスーパーなどに広がるのに伴い、年間決済件数がは日銀が統計を開始した07年の7億8000万件から12年は27億2000万件と3.5倍拡大した。1件あたりの決済件数も07年の691円から12年は907円まで増えた。

2010年の資金決済法施行で、100万円以下の小額為替を認められた銀行以外の資金移動業者による取扱金額は、2012年度1886億円となった。

ところで、主要な小口資金決済である、クレジットカード、電子マネー、デビットカードについて、年間決済金額をみてみます。
クレジットカードの年間決済金額はこの 10 年で約 20兆円から約 50 兆円に増加している。また、電子マネーの年間決済金額は、決済件数と1件当りの決済金額の増加から、既出のとおり2 兆円強に達している。
一方、デビットカードの年間決済金額は、1件当りの決済金額の低下を背景に緩やかな減尐傾向にあり、最近では 6,000 億円程度となっているようだ。続きを読む

電子マネービューアー付き歩数計、シチズンから。

citizen
電子マネービューアー付き歩数計「TWTC501」

シチズンから、ICカードの電子マネー残額を表示する「電子マネービューアー付き歩数計TWTC501」が7月下旬より発売される。市場想定価格は4,000円前後のようだ。

たしか従来この手の商品は形状はカード型が主流だった。
今回シチズンでは、内蔵アンテナを小型化したことで、コンパクトな歩数計に実装できるようになったという。

使い方も簡単。
ICカードの上にこの製品を乗せ、本体側面にある「読み取りボタン」を押すだけで、電子マネーの残額を液晶画面に表示。

残額表示は最大で99,999円で、前回読取値も確認可能。
電子マネーのビューアー機能を備えた歩数計は“業界初”みたいだ。


■関連記事
・シチズン
http://citizen.jp/

・ニュースリリース
http://www.citizen.co.jp/release/12/120705pb.html
続きを読む

ヤマト運輸、スイカで支払いOKに

ヤマト運輸

2011年4月をめどにヤマト運輸の直営店とドライバーが使用する約5万台のモバイル端末に、JR東日本の「Suica (スイカ)」などJR各社の交通系電子マネーの決済機能が導入されるみたいですね。

・宅配便の運賃
・通信販売の商品配達時の決済
・包装資材の支払い
などに利用可能に。

 ヤマトのモバイル端末は今年6月からセブン&アイ・ホールディングスの「nanaco (ナナコ)」、ビットワレットの「Edy (エディ)」、イオンの「WAON (ワオン)」の流通系電子マネーに対応。
交通系にも拡大することで、主要なプリペイド型電子マネーをすべてカバーすることになる。
ヤマトが取り扱う代引きの荷物は年間1億2000万個。
今年の2010年6月以降は約1割が電子マネーで決済されているという。




たまるうれしさ、使う楽しみ。マイルがどんどんたまるJALカード


【注目のクレジットカード(電子マネー一体型)】

JALカードSuica JALカードSuica
入会金 年会費 利用限度額 発行期間
無料 2,100円 - 約4週間
従来のJALカード同様にフライトやショッピングでマイルがためられるほか、JAL ICサービスや電子マネーSuica機能を利用できる便利なカードです。JR線駅近くの利用や飛行機の搭乗機会が多い方に向いています。Suicaまにあ(管理人)のように普段の買い物や食事もクレジット決済でSuicaにチャージして利用するだけでサンクスポイントが貯まります。ためたポイントは飛行機にも電車にも使えるのがこのカードの強みです。
*年会費2,100円は初年度は無料。

Sony Card[ソニーカード] Sony Card[ソニーカード]
入会金 年会費 利用限度額 発行期間
無料 2,100円 - 約3週間
ソニーグループのオフィシャルクレジットカード。ソニーグループの対象ショップ・サイトでのお買い物が3〜10%Off !電子マネーEdyに加え、ネットクレジット決済サービスeLIOも搭載ですから、パソリを使って快適にオンライン決済が可能になります。充実の機能が満載のソニーカードです。Suicaまにあ(管理人)もSony好きのため所有している1枚!
*年会費2,100円(税込)は初年度は無料。また、年1回のご利用(Edy利用分を除く)で翌年度も年会費無料。

三井住友VISAカード 三井住友VISAカード
入会金 年会費 利用限度額 発行期間
無料 1,312円 10〜80万円 最短1営業日
VISAと言えば三井住友VISAカードというくらい世界中でもっとも愛されている、スタンダードなカードです。三井住友カードiDに対応しているので、iDを使いNTTドコモのおサイフケータイをスマートに利用したい方には必須となりそうな1枚です。
*年会費1,312円(税込)はオンライン入会で初年度は無料。


おすすめクレジットカード一覧